海水中の吸収損失の深度方向プロファイルと平均値の計算


海水中の深度方向の吸収損失のプロファイルと平均値を様々な算出式で計算することができます。計算には以下のような観測値のCSV(カンマ切り)のファイルが必要ですので。予め、EXCEL等で変換して作成しておいてください。(CSVファイル作成方法参照)観測された水深、水温、塩分ファイルは、いろいろな観測サイトで公開されていますが、例として、海洋研究開発機構の海洋観測データベースなどからダウンロードできます。CSVの変換には、EXCEL等の利用で簡単に行えます。


CSVファイルの例(サンプルファイルをダウンロードできます)

水深(m) ,水温(℃) ,塩分(‰)

CSVファイル名は任意ですが日本語は文字化けする場合があります。行数の制限は特にありませんが、10MBを超えるような大きなファイルは、アップロードしないでください。使われたファイルは、すぐに消去されます。計算時に格納場所を参照しますので、どこに置いたか忘れないように!

最初に使用 周波数 frequency(kHz) , 水素イオン指数 PH を入力します。そして、計算したい算出式を選択し、参照ボタンを押し、あなたのパソコンの中のCSVファイルを選択します。次にupload/calculateをクリックすると、以下のような、CSV(水深 , 水温 , 塩分, 吸収損失)ファイルがブラウザに出力されます。また、ファイルの最後に各式による吸収損失の平均値が表示されますので、測深器などの設計に利用できます。


 出力ファイルの例

 

 出力されたCSVファイルは、コピーしてエディタソフト(例 TeraPad ,BigEditor など)にペーストし、ファイル名の拡張子を****.csvなどに変更することにより、EXCELや他のグラフ作成ソフトなどで簡単に利用することができます。


以下の欄に必要な値を入力してください。

Frequency (kHz)  周波数(kHz)

PH    水素イオン指数 (もし、不明な場合は、8.1を入力してください。)


利用したい算出式を一つ選択してください。(各式の有効範囲を確認してご利用ください

   水深3500mまでは、F&G、それ以外は、A&Mが推奨されます。

Thorp
Schulkin & Marsh
Fisher & Simmons
Francois & Garrison
Ainslie & McColm


参照ボタンをクリックしCSV (D,T,S) ファイルを選択し、upload/calculateボタンをクリックしてください。

このサイトを使った計算結果を論文などに利用される場合は、引用サイトとして、http://www.tsuchiya2.org/を記載してください。