研究業績など

 

研究歴

 

1973年 東海大学海洋学部卒

東京工業大学にて学位取得,工学博士

 

経歴:海洋科学技術センター(現海洋研究開発機構)において,主に潜水調査船や観測船の水中音響機器の開発,音響によるデータ伝送の研究に従事。その後,音響トモグラフィシステムの開発,音波伝搬理論解析等を研究各種の海洋データ管理体制の確立,公開型データベース開発に関する業務に従事

 

現職:海洋研究開発機構海洋工学センター,東京海洋大大学院客員教授(水中音響工学)防衛庁技術本部外部評価委員

 

Acoustic Society of America,日本音響学会,海洋音響学会の各会員

 

業績表彰

海洋音響学会業績賞 「音響航法システムの開発」,昭和56年4月 

海洋音響学会業績賞 「しんかい6500」及び「よこすか」に関わる音響装置の開発」,平成3年5月 

日本水路協会水路技術奨励賞,「深海用海底地形探査装置の開発」,平成3年5月 

海洋科学技術センター研究業績賞,「水中画像伝送装置の開発」,平成4年10月 

科学技術長官賞,「音響による画像情報の伝送」,平成5年4月 

                海洋音響学会論文賞,「パラメトリックサブボトムプロファイラの開発」,平成6年4月 

論文・執筆等

中西俊之,土屋利雄,「水深6,000m海域における海面・海底間の音波伝搬損失について」,海洋音響学会誌39号,pp.24-26 (1983)

Hiroyasu Monma, Takeo Tanaka,Toshio Tsuahiya, Katsura Shibata, "Deep-towed sonar and camera observations at the southern end of Peggy Ridge", Field Report No. 1,CCOP/ SOPAC Cruise Report 105,1985

土屋,網谷,中西,「「しんかい2000」用サブボトムプロファイラの開発」,海洋科学技術センター試験研究報告第l5号,pp.15-22 (1985) 

土屋,網谷,青木,山本,中西,「音響による画像信号伝送の基礎研究」,海洋科学技術センター試験研究報告第l7号,pp.53-63(1985)

土屋,中西,網谷,山本,許,野並,「音響による画像信号の研究」海洋科学技術センター試験研究報告第l9号,pp.35-48(1988)

網谷,土屋,中西,尾崎「シービームの音線屈折補正に関する研究」,海洋科学技術センター試験研究報告第20号,pp.53-63(1988)

許,中西,土屋,網谷,新井,「広帯域送受波器の開発」,海洋科学技術セン夕ー試験研究報告第21号,pp.45-55(1989)

土屋,中西,網谷,野並,許,新井,杉内、鈴木,「音響による画像情報のディジタル伝送(PSK方式)」,海洋科学技術セン夕ー試験研究報告第22号,pp21-32(1989)

土屋利雄,中西俊之,網谷泰孝,野並健二,許 正憲,新井嘉人,杉内克巳,鈴木道也,「音響による画像情報の伝送」,海洋調査技術学会誌,Vol.1,No.1,pp.21-29(1989) 

I.Inoue,N.Nada,T.Tsuchiya,T.Nakanishi “TOMPILZ PIEZOELECTRIC TRANSDUCERS WITH ACOUSTIC MATCHING PLATES FOR UNDERWATER COLOR IMAGE TRANSMISSION”,ACOUSTICAL IMAGING,VOL.17,pp.597-607 (1989)

松浦,中西,土屋、網谷,佐野,山本,松本,織田,「6500m潜水調査船支援母船「よこすか」の個体伝搬雑音低減対策について」,海洋科学技術セン夕ー試験研究報告第21号,pp.11-29(1989)

土屋,中西,馬場,「PSK音響信号伝送のための信号補正法の検討」,海洋科学技術セン夕ー研究報告第25号,pp.31-41(1990)

許,中西,土屋,野並,網谷,新井,「海中における鉛直方向の音波の減衰について」,海洋科学技術セン夕ー研究報告第23号,pp.31-41(1990)

土屋利雄,馬場和彦,須山哲,「深海潜水調査船用流向流速計及びCTDV計測装置」,海洋音響学会誌,第17巻第3号,pp.18-21(1990)

許,土屋,中西,網谷,「海水中における鉛直方向の音波の減衰について」,海洋科学技術センター試験研究報告第23号,pp.31-41 (1990)

中村,中西,土屋,越智,森松,「深海用パラメトリックサブボトムプロファイラの基礎的研究」,海洋科学技術セン夕ー研究報告第25号,pp.1-12(1991)

網谷,土屋,越智,「Webb社製海洋音響トモグラフィトランシーバについて」,海洋科学技術センター試験研究報告第28号,pp.47-55 (1992)

Iwao Nakano, Toshio Tsuchiya, and Yasutaka Amitani,"JAMSTEC's ocean tomography method (A)",J. Acoust. Soc. Am. Volume 92, Issue 4, pp. 2326-2326 (October 1992)

Tadahiro Ichihara,Toshio Tsuchiya,Toshiyuki Nakanishi,Toshiaki Kikuchi, “Frequency Characteristics of Scattering Sound Pressure from Pipe Containing Sediments” Jpn.J.Appl.Phys.Vol.32, pp.2469-2472 (1993) 

中村敏明,土屋利雄,網谷泰孝,森松弘,「無人探査機用パラメトリックサブボトムプロファイラの開発」,海洋音響学会誌69号,pp.26-36 (1993) (海洋音響学会論文賞)

新家,土屋,網谷,中埜,中西,吉川,鎌田,「200Hz低周波音源の開発」,海洋科学技術センター試験研究報告第29 号(1994)

Hiroshi Shibata,Toshiaki Kikuchi,Toshio Tsuchiya,Akio Hasegawa,Michio Ohki,"Effect of Thin Cylindorical Shell Vibration on Resonat Frequency of Cylindorical Resonator -Type Sound Sourceモ,Jpn.J.Appl.Phys.Vol.33,pp.3290-3293 (1994)

中村敏明,土屋利雄,中埜岩男,中西俊之,海法宇治,鎌田弘志,「海洋音響トモグラフィ用200Hz低周波音源」,海洋音響学会誌,Vol.21,No.2,pp.481-482 (1994)

土屋利雄,菊池年晃,中西俊之,網谷泰孝,越智寛,「SOFARチャンネル中の音源深度と固有音線の関係」,日本音響学会51巻1号,pp14-24 (1995)

Shinichi Imayoshi, Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi ,Akio Hasegawa, “Time-domain analysis of SOFAR propagation in low-latitude sea area by wave theory and ray theory”, Jpn.J.Appl.Phys.Vol.34, pp.2940-2942 (1995)

中埜,土屋,他「247km音波伝搬実験と海洋音響トモグラフィ解析手法による水温分布推定の試み」,海洋科学技術センター試験研究報告第 31号,pp.30-33 (1995)

中村,中埜,土屋,中西,吉川,鎌田,海法,「200Hz海洋音響トモグラフィ用音源について」,海洋科学技術センター試験研究報告第31号(1995)

中村,土屋,他「200Hz送受信システムの開発」,海洋科学技術センター試験研究報告第 31号,pp.103-113 (1995年)

Shinnichi Imayoshi, Toshio Tsuchiya,Toshiaki Kikuchi, Akio Hasegawa, Hidetoshi Fujimori, “Relationship between Acoustic Bandwidth and Characteristics of Sound Propagation in West Mediterranean Sea”, Jpn.J.Appl.Phys.Vol.35, pp.2963-2966 (1996)

Masaaki Umezawa,Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi,Akio Hasegawa, “Measurements of Absorptuion Cofficients in the Deep-Sea Area”, Jpn.J.Appl.Phys.Vol.35, pp.2967-2969 (1996)

今吉真一,菊池年晃,長谷川秋雄,土屋利雄,「均一の音速分布をもつ海洋モデルにおける音波伝搬特性」,海洋音響学会誌,Vol.23,No.1,pp.43-50 (1996)

土屋利雄,菊池年晃,藤森英俊,越智 寛,長谷川秋雄,「海底下の影響を考慮した地中海西部海域の長距離音波伝搬解析」,日本音響学会,54巻5号,pp.351-364 (1998)

土屋利雄,「深海調査研究船「かいれい」の建造」,海洋調査技術学会誌19号,pp.57-65(1998)

土屋利雄,「海底面探査-マルチナロービーム測深器とサイドスキャンソーナー」,日本造船学会誌823号,pp.23-28 (1998)

土屋利雄,「地層探査-サブボトムプロファイラ」,日本造船学会誌823号,pp.32-36 (1998)

Toshio Tsuchiya,”A Use of Several Acoustic Instrument in Search for Sunken Ship in Deep Water”, Sea Technology, 1999年4月

Toshio Tsuchiya, Hiroshi Ochi ,Jun Naoi,Katsura Shibata, “Evaluation of the performance of deep sea survey sonars by results of search for sunken ship”, Jpn.J.Appl.Phys.,1999年5月

 

 Jun Noai,Hiroshi Ochi,Hideaki Saito,Yasutaka Amitani,Toshio Tsuchiya,"Sea Trial Results of a Cross Fan Beam Type Sub-Bottom Profiler", Japanese Journal of Applied Physics, Vol.39 , pp.3209-3211 Part 1,No.5B, May 2000

 

Nobuaki Takahashi, Koji Futa,Toshio,Toshiaki Kikuchi,"Tsuchiya,Calculation of eigenray with equi-sound-speed division of sound speed profile",The Journal of the Acoustical Society of Japan(E) 21,3, pp153-161(2000) 

 

超音波便覧編集委員会編,「超音波便覧(第10章)」,丸善,1999年8月

 

土屋利雄,「沈没物の探索」,超音波テクノ Vol.12 No.9,pp57-65,2000年6月

 

Jun Naoi,Hideaki Saito,Takuya Shimura,Monma  Hiroyasu,Toshi Tsuchiya, "Search for Objects on the Deep-Sea Floor Using Side Scan Sonar with a Tilted Arrangement Transducer Array", Japanese Journal of Applied Physics,Vol.40 ,Part1, No.5B, pp.3777-3781 (2001)

 

Koji Futa,Keizo Ando,Toshiaki Kikuchi,Toshio Tsuchiya,"Effect of Surface Duct on Pulses Propagating in a Sound Channel in the Ocean",Japanese Journal of

Applied Physics,Part1, No.5B,Vol.40,pp.3807-3810  (2001)

 

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「深海域における上部音速構造の変化とSOFARパルスとの関係」,電子情報通信学会信学技報,US2001-39, pp41-47,(2001)

 

Toshiaki Kikuchi,Koji Futa,Toshio Tsuchiya,"Convergence Characteristics of Phase-Conjugate Waves in Deep Sound Channels"Japanese Journal of Applied Physics(2002)

 

Kouji Futa,Toshio Tsuchiya,Toshikai Kikuchi,"Relationship between Sound Speed Structure near Ocean Surface and Pulses Propagating in Deep Sound Channel in the Ocean", Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 41,3519-3524 (2002)

 

 土屋利雄著,「Sound Underwater Images 日本語版」,地球科学技術推進機構出版,ISBN4-902435-01-20 C3056,2002年8月

 土屋利雄,「海のなかは音の世界」,海と地球の情報誌「Blue Earth」,20054月号pp34-37

 

 土屋 利雄,岩瀬良一,齋藤秀亮, 独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)における観測データの管理と公開 「情報管理」,Vol.48/No.3 163-170, 2005/06/30 紀要

 

 岩瀬 良一, 菊池 年晃,土屋利雄,水谷 孝一(筑波大院),相模湾初島沖深海底におけるハイドロフォン長期連続観測, 電子情報通信学会技術研究報告,pp105/239 13-18, 2005/08 

 

木下肇,土屋利雄,「南海トラフ科学のモーダルシフト」-データベース構築の新戦略」,月間 地球/号外 No.51,pp12-19,2005

 

土屋利雄,「深海の主役は“音”」,海と地球の情報誌「Blue Earth」,2008年3月号pp14-15

 

 土屋利雄、「三次元物理探査船「資源」とその探査システム」、世界の艦船20085月号,pp66-67,pp160-163、海人社 (2008)

 

直井純,土屋利雄,「海中音波伝搬と地球温暖化シミュレーション」,化学工業,2009年9月号,VOL.60 No.9、pp40-44 (2009)

 

土屋利雄.「海洋音響計算WEBサイトhttp://www.tsuchiya2.orgの作成・公開」,海洋音響学会誌,Vol.38 No.2,pp79-87 (2011)

 

土屋利雄,深澤理郎,地球科学を支える船舶 「気候変動を解明せよ」,文部科学時報,No .1627,pp48-49,2011/7

 

土屋利雄,「深海探査技術の現状」,第7回JAMSTEC海洋と地球の学校 聴講資料,pp21-29,2012/3/13

国際会議報告・講演

I.Inoue,N.Nada,T.Tsuchiya,T.Nakanishi, “TOMPILZ PIEZOELECTRIC TRANSDUCERS WITH ACOUSTIC MATCHING PLATES FOR UNDERWATER COLOR IMAGE TRANSMISSION”,IEEE Transaction on Ultrasonics and Frequency Control Vol 40 No. 2 (1989)

T.Tsuchiay,T.Nakanishi, Y.Amitani,T.Iimori,H.Morimatsu, “Multi Narrow -Beam Echo Sounder for R/V YOKOSUKA”,Proceeding of 18th Joint Meeting of UJNR Sea-Bottom Survets Panel ,pp.93-112 (1989) 

 T.Nakamura,T.Tsuchiya,Y.amitani “Acoustic characteristics of side scan sonar and sub-bottom profiler for 10,000m class ROV”,PORSEC 92 ProceedingVol.1,pp.126-131(1992 )

T. Tsuchiya, Y. Amitani, H.Ochi ,T. Shimura ,T. Kikuchi,"Sound velocity in the deep sea : Examination of measurement data obtained from a deep submergence vehicle.", 126th meeting:J.Acoust.Soc.Am.,pp.1803 (1993)

T. Tsuchiya,T.Nakanishi, Y. Amitani, H.Ochi ,T. Fujimori ,T. Kikuchi,A.Hasegawa, "Change of sound ray by various equation of the sound velocity in the 621km propagation experment", 128th meeting : J.Acoust.Soc.Am., pp.1803 (1994)

T. Tsuchiya, Y. Amitani, H.Ochi ,T.Shimura,M.Umezawa,T. Kikuchi ,"Investigation of sound absorption in the deep sea using a submergence vehicle", 130th meeting:J.Acoust.Soc.Am., pp.2915 (1995)

T.Nakamura,I.Nakano,T.Tsuchiya,I.Kaihou,"Development of 200Hz Transceiver System for Ocean Acoustec Tomography, 3rd Europian Conference on Underwater Acoustics, pp.797-802 (1996)

T.Kikuchi,M.Umezawa,A.Hsegawa,T.Tsuchiya ,T. Nananishi,"Measurements of Pressure Effect on Sound Absorpyion in Seawater by Deep Submersible Vehicle",3rd Europian Conference on Underwater Acoustics, pp.959-962 (1996)

T.Tsuchiya, K.Hashimoto ,M.Umezawa, T.Kikuchi, A. Hasegawa, "PRESSURE EFFECT ON ABSORPTION COEFFICIENTS IN THE DEEP-SEA AREA",Proceeding of third Joint Meeting ASA and ASAJ,pp.1399-1402 (1996)

(10)T.Tsuchiya,H.Ochi,T.Nakamura,T.Kikuchi,A.Hasegawa,"Layerd oceanic sound speed microstructure - Its effect on sound propagation", Proceeding of International workshop of the ocean acoustic tomography (1996)

T.Tsuchiya,H. Ochi , T. Nakanishi,T.Kikuchi and A.Hasegawa,"MEASURMENTS OF SOUND ABSORPTION COEFFICIENT IN DEEP - SEA",World Congress on Ultrasonic,pp.452-453 ( 1997)

T.Tsuchiya, T. Kikuchi and T. Nakanishi, “ Long-range sound propagation analysis in the west Mediterranean Sea considering effect of the ocean bottom.”Proceeding of the 4th European on Underwater Acoustics,pp.611-616 (1998)

Hideaki Saito,Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi,"Change of pulses propagating in SOFAR Channel by moving front",Forum Acusticum Sevilla 2002,UNW-01-009, 2002/09/17

 Jun Naoi,Hideaki Saito, Toshio Tsuchiya and Toshiaki Kikuchi,"Propagations of Low Frequency Sound Near Coast",18th International Congress on Acoustics,Proceedings of ICA2004 Vol.II, pp.1657-1660,2004/04/06

Jun Naoi,Hideaki Saito and Toshio Tsuchiya,"Search for objects on the deep-sea floor using side scan sonar with tilted arrangement transducer array",The application of recent advances in underwater detection and survey techniques to underwater archeology,pp.143-150,2004/05/03


Toshio Tsuchiya,Jun Naoi and Toshiaki Kikuchi,"Acoustic instruments in deep water search for sunken ship "TSUSHIMAMARU" during WWII",The application of recent advances in underwater detection and survey techniques to underwater archeology,pp.81-89,2004/05/03

Toshio Tsuchiya,Jun Naoi, Hideaki Saito, Toshiaki Kikuchi,"Seamount effects on Long Range Acoustic Propagation in the West Pacific", OCEANS'04/TECHNO-OCEAN'04 pp.2123-2128, 2004/11/11


Jun Naoi,Hidealisaito, Hideaki Fujimori,Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi,"Wave Theory Analysis for Pulse Propagated Near Sound Channel Axis in Deep Water",OCEANS'04/TECHNO-OCEAN'04,.Proceedings pp.2136-2141,2004/11/11

Ryoichi Iwase, Toshiaki Kikuchi, Toshio Tsuchiya, Koichi Mizutani, Measurement of a fix point displacement on seafloor by using phase conjugation of underwater acoustic wave”, 2005 Joint meeting for Earth and Planetary Science, 2005/05/23

Yoshihisa Hiyoshi(AESTO), Jun Naoi, Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi,"THE SEASONAL VARIABILITY IN 6000 KM UNDERWATER SOUND PROPAGATION IN THE WESTERN PACIFIC OCEAN", Underwater Acoustic Measurements technologies & results International Conference - Crete 2005, ISBN: 960-88702-08/Structured Session 3-14, 2005/07/01

Toshio Tsuchiya, Hideaki Saito, Yoshihisa Hiyoshi(AESTO), Jun Naoi, Toshiaki Kikuchi,"Application of the Finite Difference Time Domain Method to the Time Reversal Wave in Shallow Water", Underwater Acoustic Measurements technologies & results International Conference - Crete 2005, ISBN: 960-88702-08/Regular Session XIVb-8 -2005/06/30

Toshio Tsuchiya, "Creating and operation of the ocean acoustics calculation Web site ( http://www.tsuchiya2.org )",General Session Underwater Technology, Techno-Ocean 2010, 2010/10/14

Toshio Tsuchiya,"Creating and operation of the ocean acoustics calculation Website" ,Pacific Rim Underwater Acoustics Conference 2011 ,Proceedings pp.41-44. 2011/10/6

学会等の口頭発表

土屋利雄,中西俊之,菊池年晃,「低周波音波のシャドーゾーンへの回折」,日本音響学会平成3年秋期研究発表会講演論文集,pp.1067-1068,1991年10月

土屋利雄,中西俊之,菊池年晃,「音速プロファイル変化によるSOFAR内音線の変化」,日本音響学会平成4年春期研究発表会講演論文集,pp.1021-1022(1992)

土屋利雄,網谷泰孝,越智 寛,鈴木道也,根岸 悟,「音響ディジタル信号による潜水調査船画像情報伝送装置の開発と試験結果」,日本音響学会平成4年春期研究発表会講演論文集,pp.1165-1166 (1992)

土屋利雄,中西俊之,市原忠宏,菊池年晃,「セジメントを含む円筒の散乱特性」,日本音響学会平成4年秋期研究発表会講演論文集,pp.1115-1116 (1992)

市原忠宏,菊池年晃,土屋利雄,中西俊之,「セジメントを含む円筒の散乱特性」,第13回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.155 (1993)

市原忠宏,菊池年晃,長谷川秋雄,大木道生,土屋利雄,「層の形態がSOFAR伝搬に与える影響」,日本音響学会平成5年度秋期研究発表会講演論文集pp.973-974 (1993)

土屋利雄,中西俊之,橋本菊夫,菊池年晃,「深海における海水中の音速測定と深度に対する音速勾配」,日本音響学会平成5年春期研究発表会講演論文集,pp.965-966(1993)

土屋利雄,網谷泰孝,越智 寛,鈴木道也,「「しんかい6500」用画像情報伝送装置の開発とその運用結果について」,海洋音響学会平成5年研究発表会要旨集,pp.77-80 (1993)

土屋利雄,網谷泰孝,越智 寛,菊池年晃,「深海における音速と圧力の関係について」,日本音響学会平成5年秋期研究発表会講演論文集,pp.1141-1142 (1993)

市原忠宏,菊池年晃,長谷川秋雄,大木道生,土屋利雄,「ノーマルモード法の層分割がSOFAR伝搬予測に与える影響」,第14回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.155 (1993)

川守章好,吉川隆,宮田哲治,鎌田弘志,中埜岩男,土屋利雄,網谷泰孝,「超磁歪材料を用いた低周波音源」,電子通信学会技術報告書,Vol.93,No.189,pp.57-64 (1993)

土屋利雄,菊池年晃,大木道生,「層分割法がSOFAR伝搬時間に及ぼす影響」,日本音響学会平成6年度春期研究発表会講演論文集,pp.1021-1022(1994)

市原忠宏,菊池年晃,長谷川秋雄,大木道生,土屋利雄,「体積層の構造が浅海域音波伝搬に与える影響」,日本音響学会平成6年度春期研究発表会講演論文集pp.1147-1148 (1994)

藤森英俊,土屋利雄,網谷泰孝,越智 寛,菊池年晃,「異なる音速の算出式が音線計算に与える影響について」,日本音響学会平成6年度春期研究発表会講演論文集,pp.1043-1044 (1994)

柴田 弘,菊池年晃,長谷川秋雄,大木道生,土屋利雄,「有限円筒の外殻振動と円筒内共振との関係について」,日本音響学会平成6年度春期研究発表会講演論文集,pp.1151-1152 (1994)

土屋利雄,中西俊之,松田洋三,網谷泰孝,菊池年晃,「SOFARチャンネル中の音源深度と固有音線との関係」,海洋音響学会平成6年研究発表会要旨集,pp71-72 (1994)

中村敏明,土屋利雄,中埜岩男,海法宇治,「200Hz低周波音源の長距離伝搬試験」,海洋音響学会平成6年研究発表会要旨集,pp.21-24 (1994)

川守章好,吉川隆,坪井友宏,中埜岩男,土屋利雄,中村敏明,「超磁歪材料を用いた低周波音源の深々度特性」,海洋音響学会講演論文集,pp.17-20 (1994)

袁剛,中埜岩男,藤森英俊,土屋利雄,金子 新,「北赤道海流域での海洋音響トモグラフィ実験」,海洋学会講演要旨集 (1994)

土屋利雄,菊池年晃,中西俊之,越智寛,藤森英俊,「層分割法によるSOFARチャネル内の固有音線計算と音速プロファイルとの関係」,電子情報通信学会技術研究報告,US94-33 (1994)

土屋利雄,「深海調査における音響技術について」,日本音響学会平成6年秋期講演論文集,pp.1235-1238 (1994)

柴田弘,菊池年晃,長谷川秋雄,土屋利雄,「音速構造と波動理論による発生モードとの関係,日本音響学会平成6年秋期講演論文集,pp.1265-1266 (1994)

土屋利雄,藤森英俊,今吉真一,菊池年晃,長谷川秋雄,「一定音速勾配を持つ海洋モデルにおける長距離音波伝搬パルスの特性」,信学技報 US95-34

土屋利雄,橋本菊夫,梅沢正明,菊池年晃,長谷川秋雄,「深海域における吸収計測の計測について」,信学技報,US95-34 (1995)

土屋利雄,今吉真一,菊池年晃,長谷川秋雄,「低緯度海域におけるSOFAR伝搬のノーマルモード法による時間領域解析」,日本音響学会平成7年度春期研究発表会論文集,pp.1123-1124 (1995)

土屋利雄,越智寛,網谷泰孝,菊池年晃,長谷川秋雄,今吉真一,「海洋音響トモグラフィにおける音源深度と計測距離との関係」,海洋音響学会平成7年度講演論文集,pp.109-112 (1995)

越智 寛,土屋利雄,網谷泰孝,菊池年晃,今吉真一,「MATLABによる長距離音波伝搬の数値解析手法について」,海洋音響学会平成7年度研究発表会講演論文集,pp.61-65 (1995)

今吉真一,土屋利雄,菊池年晃,長谷川秋雄,「Pekeris Model における長距離伝搬パルス」,海洋音響学会平成7年度研究発表会研究論文集,pp71-74 (1995)

土屋利雄,越智寛,網谷泰孝,菊池年晃,長谷川秋雄,今吉真一,「代表的な三つの音速プロファイルにおけるSOFAR伝搬の比較」,平成7年度海洋音響学会講演論文集,pp.75-78 (1995)

土屋利雄,藤森英俊,今吉真一,菊池年晃,長谷川秋雄,「地中海海洋構造の音圧分布と伝搬特性」,日本音響学会平成7年度秋期研究発表会論文集,pp.1175-1176 (1995)

土屋利雄,橋本菊夫,梅沢正明,菊池年晃,長谷川秋雄,「海水中の吸収係数の深度変化について」,日本音響学会平成7年度秋期研究発表会論文集,pp.1177-1178 (1995)

土屋利雄,越智 寛,網谷泰孝,志村拓也,菊池年晃,今吉真一,「様々なSOFAR構造を持つ海域におけるノーマルモード理論による伝搬特性解析」,日本音響学会平成7年度秋期研究発表会論文集,pp.1185-1186 (1995)

梅沢正明,菊池年晃,長谷川秋雄,土屋利雄,橋本菊夫,「20kHzにおける海水中の吸収係数の算出」,日本音響学会平成8年度春期研究発表会論文集,pp.1155-1256 (1996)

土屋利雄,今吉真一,藤森英俊,菊池年晃,長谷川秋雄,「地中海トモグラフィ実験における受波パルスの経路と識別」,日本音響学会平成 8年度春期研究発表会論文集,pp.1159-1257 (1996)

土屋利雄,今吉真一,藤森英俊,菊池年晃,長谷川秋雄,「地中海西部海域でのOAT実験における受波パルス列の識別」,海洋音響学会平成8年度講演論文集,pp.63-66 (1996)

志村拓也,土屋利雄,中村敏明,永原炎,菊池年晃,「海洋音響トモグラフィにおける音源深度と固有音線との関係」,海洋音響学会講演論文集,pp.67-71 (1996)

土屋利雄,橋本菊夫,梅沢正明,菊池年晃,長谷川秋雄,「吸収係数の圧力係数が及ぼす誤差要因の検討」,日本音響学会平成9年度春期研究発表会論文集,pp.1231-1232 (1997)

土屋利雄,石渡誠,菊池年晃,長谷川秋雄,「海洋音響トモグラフィにおける音線の同定法について」,日本音響学会平成9年度春期研究発表会論文集,pp.1221-1222 (1997)

志村拓也,土屋利雄,網谷泰孝,「深海における音波の吸収損失の圧力補正について」,海洋音響学会平成9年度研究発表会論文集,pp.97-23 (1997)

土屋利雄,中村敏明,中西俊之,菊池年晃,長谷川秋雄,「固有音線消失に対する音速微細構造の影響,海洋音響学会平成9年度研究発表会論文集,pp.97-29 (1997)

土屋利雄,越智 寛,志村拓也,菊池年晃,長谷川秋雄,天野孝之,「双直線分割法音線理論による固有音線の算出とその特性」,日本音響学会平成9年度秋期研究発表会論文集,pp1183-1184 (1997)

天野孝之,菊池年晃,長谷川秋雄,土屋利雄,越智 寛,「SOFAR内の音速微細構造が長距離音波伝搬に与える影響」,日本音響学会平成9年度秋期研究発表会論文集,pp.1181-1182 (1997)

土屋利雄,菊池年晃,長谷川秋雄,中西俊之,「解析的手法による固有音線の算出と実データとの比較」,日本音響学会平成10年度春期研究発表会論文集,pp.1153-1154 (1998)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「SOFAR軸付近の音速変動が固有音線に及ぼす影響」,日本音響学会平成10年度秋期研究発表会論文集 (1998)

土屋利雄,越智寛,直井純,柴田桂,「沈没船の探索結果による深海探査ソーナーの性能評価」,第19回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.257-256 (1998)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「SOFAR伝搬パルスに及ぼす海面ダクトの影響について」,第21回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集, (2000.1)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「SOFARチャンネル中の位相共役波の収束特性」,日本音響学会2001年春季研究発表会講演論文集,pp.1061-1062 (2001.3)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「SOFAR伝搬パルスに対する海面ダクトの影響のノーマルモード解析」,日本音響学会2001年春季研究発表会講演論文集,1063-1064 (2001.3)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「浅海チャンネル中の位相共役波の収束特性」,日本音響学会2001年春季研究発表会講演論文集,pp.1065-1066 (2001.3)

土屋利雄,安藤敬三,菊池年晃,布田浩二,斉藤秀亮「音速プロファイル遷移領域の変動が固有音線の伝搬時間に与える影響」,海洋音響学会2001年研究発表会講演論文集,pp.73-76 (2001.5)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「SOFARチャンネル中の位相共役波に対するアレイ長の影響について」,海洋音響学会2001年研究発表会講演論文集,pp.77-80 (2001.5)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「サーフェースダクトによるノーマルモード深度関数の変化について」,海洋音響学会2001年研究発表会講演論文集,pp.87-90 (2001.5)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「音速プロファイルが異なる浅海中の位相共役波について,海洋音響学会2001年研究発表会講演論文集,pp.81-84 (2001.5)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「深海域における上部音速構造の変化とSOFARパルスとの関係」,電子情報通信学会技術研究報告101(265)US2001-39,pp.41-47 (2001.8)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「深海域におけるTRMに対するアレイ構造の影響」,電子情報通信学会技術研究報告101(265)US2001-40,pp.48-56 (2001.8)

布田浩二,土屋利雄,菊池年晃,「上部音速構造の変化によるSOFAR伝搬パルスの変化」,第22回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.135-136 (2001.11)

菊池年晃,布田浩二,土屋利雄,「SOFAR伝搬海域における位相共役波の収束特性」,第22回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.35-36 (2001.11)

布田浩二,菊池年晃,土屋利雄,「海洋の長距離伝搬においてSOFAR軸付近の音速変動が受波パルスに与える影響についいて」,海洋音響学会2002年研究発表会講演論文集,pp.1-4(2002.5)

布田浩二,土屋利雄,菊池年晃,「音響トモグラフィにおけるSOFAR軸付近の音速ジェンどうによる受波パルスの変動」,第23回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジュウム講演予稿集,pp.273-274 (2001.11)

志村拓也,菊池年晃,土屋利雄,「浅海中の位相共役波のモードと位相の関係」第23回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,講演予稿集 , pp277-278, 2002/11/09


志村拓也,菊池年晃,土屋利雄,[浅海域における水平アレイによる位相共役波の収束特性」,日本音響学会 2003年春季研究発表会,講演論文集 pp.1299-1300,2003/03/20


志村拓也,菊池年晃,土屋利雄「浅海域における位相共役波の時間領域収束特性」,日本音響学会 2003年春季研究発表会,講演論文集 pp.1301-1302,2003/03/20


土屋利雄,直井純,菊池年晃,「SOFAR軸の深度変化による伝搬信号の変化」,日本音響学会春季研究発表会,講演論文集,2003/03/20


Takuya Shimura,Toshiaki KIKUCHI, Toshio TSUCHIYA,"Japanese Journal of Applied Physics ",Vol. 42, Part 1, No. 5B , pp.3216-3218 2003/05


直井純,土屋利雄,菊池年晃.「沿岸域の海底構造と低周波音波伝搬」,海洋音響学会2003年度研究発表会, 2003/05/30


土屋利雄,直井純,斉藤秀亮, 菊池年晃,「極域から低緯度海域までの音波伝搬特性について」,海洋音響学会2003年度研究発表会,2003/05/30


直井純 ,土屋利雄,菊池年晃,「長距離伝搬における送波パルス形状の影響」,日本音響学会2003年講演論文集/II/pp.1121-1122,2003/09/17


Jun Naoi,Toshio Tsuchiya, Toshiaki Kikuchi,"Ocean acoustic environment and the ecology of whales",The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers,2003/08/29


齋藤秀亮,土屋利雄,菊池年晃,"海中における低周波音波伝搬計算の高速化",日本音響学会2003年講演論文集,pp.1131-1132,2003/09/17


直井純,土屋利雄,菊池年晃,"低周波音波伝搬における送波パルス形状の影響",第24回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 2003/11/13


土屋利雄,直井純、布田浩二(三菱プレシジョン),菊池年晃,"鯨の種類による低周波音波伝搬の差異について",第24回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,2003/11/13


土屋利雄,直井純, 齋藤秀亮, 菊池年晃,"深海サウンドチャンネル中におけるヒゲクジラの種類による低周波音波伝搬の差異について",バイオソーナー研究の最先端ワークショップ2004,2004/03/16

土屋利雄,直井純,日吉善久,布田浩二,菊池年晃,「ヒゲクジラの種類による超音波音波伝搬について」,海洋音響学会2004年研究発表会講演論文集,pp.37-pp.40(2004)

直井純,土屋利雄,齋藤秀亮,菊池年晃,「鯨類の座礁と沿岸域の低周波音波伝搬」,バイオソーナー研究の最先端ワークショップ2004,2004/03/16

 
直井 純,齋藤秀亮,土屋利雄,菊池年晃,「信号の帯域幅と長距離音波伝搬」,海洋音響学会2004年度研究発表会論文集,pp.57-58,(2004/05/28)

 

直井,齋藤,土屋,菊池,「長距離伝播における音場計算のステップサイズについて」,第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演予稿集,pp447-448 (2004/10)

 

菊池,齋藤,土屋,日吉,「時間反転アレーから放射される音波の位相変調」,第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演予稿集,pp449-450 (2004/10)

日吉 義久, 直井純, 土屋利雄, 菊池利晃,「沖の鳥島ハワイ島経路伝搬と海嶺」, 日本音響学会,講演論文集pp.1065-1066, 2005/03/16, 2005/05/26

直井 純, 土屋利雄,菊池年晃,日吉善久(AESTO,「西太平洋の長距離伝搬経路とそれらの特徴」, 海洋音響学会研究発表会,講演論文集 pp.37-38,(2005/05/26

岩瀬 良一, 土屋利雄, 菊他 年晃, 水谷 孝一(筑波大学),「浅発海底地震による海中音の解析と音源の推定」, 海洋音響学会2005年度(平成17年度)研究発表会, 2005/05/27

日吉 義久(AESTO), 直井 純, 土屋 利雄, 菊池 年晃,「長距離音波伝搬に及ぼす海嶺の影響」, 2005年度海洋音響学会研究発表会, 講演論文集 pp49-50,2005/05/26

岩瀬 良一, 菊池 年晃,土屋 利雄,水谷 孝一,「水中音波の位相共役を用いた海底定点の変位測定」,地球惑星科学関連学会、2005年合同大会予稿集、J062-008,2005/05/23

細谷 慎一(NME),石井 利枝 (NME), 土屋 利雄, 岩瀬 良一,「JAMSTEC における海底地形データの取得と管理手法について」,2006年度海洋音響学会研究発表会,2006/05/26

岩瀬 良一, 菊池 年晃,土屋利雄,水谷 孝一,相模湾初島沖海底における音響周囲雑音の特徴」, 2005年度日本地震学会秋季大会, 予稿集/ 156-,2005/10/21

直井 純,坂本天,齋藤秀亮,土屋利雄,「地球温暖化シミュレーションにおける海中音波伝搬の変化」,第28回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,Vol.28/2007,pp475-476,2007/11/16

土屋利雄、「WEBプログラミングによる海洋音響計算サイトの作成・公開」、信学技報 IEICE Technical Report, US2009 - 31, pp11-16, (2009)

Toshio Tsuchiya, 「Creating and operation of the ocean acoustics calculation Website」, Proceeding of Symposium on Ultrasonics , Vol.30), PP157-158 (2009/11)

土屋利雄、服部岳人、 「海洋酸性化による音波伝搬減衰への影響」、日本音響学会2010年度春季研究発表会、 発表要旨集 , pp1323-1324(2010/3/10)

 

土屋利雄.「海洋音響計算WEBサイトの作成・公開」、海洋音響学会2010年度研究発表会講演論文集pp87-90,(2010/05/28)


土屋利雄,服部岳人,「海洋酸性化による音波伝搬損失への影響」、海洋音響学会2010年度研究発表会講演論文集pp91-94,(2010/05/28)

 

土屋,日吉,布田,「ARGOデータを用いた地球規模の音速場解析」,2011年春季日本音響学会研究発表会,(2011/3/9)

 

土屋,日吉,布田,「ARGOデータによる北西太平洋の音速場解析」,海洋音響学2011年度研究発表会,講演論文集 pp9-12 (2011/6)

 

 

土屋利雄,「海洋音響計算WEBサイトの作成・公開」,第22回 海洋工学シンポジウム,(2011/08/03)

 

土屋利雄,「大規模な海底変動による海中音速場の変化」,海洋音響学会2012年度研究発表会講演論文集p97-90,(2012/05/29)

 

 

 土屋利雄,松浦正己,三輪哲也,小栗一将,「「江戸っ子1号」開発プロジェクト委員会,往還型深海探査機「江戸っ子1号」開発計画」,第23回海洋工学シンポジウム論文集#014,(2012/8/3)


土屋利雄,日吉善久,「ARGOデータによる広域音速場解析」,第23回海洋工学シンポジウム論文集#015,(2012/8/3)

 

特許・実用新案

中埜岩男,土屋利雄,「初期音場設定方法」,特許公開:平7-83748,公開日:1995年3月31日

中埜岩男,土屋利雄,網谷泰孝,「希土類合金を用いた水中用低周波送波器」,特許番号:第0580156,1997年2月5日

土屋利雄、網谷泰孝,他,「高磁歪希土類合金の保護機構」,実用新案登録:第2570221,1998年2月6日

中埜岩男,土屋利雄,「音線計算装置」,特許出願番号:特願平8-218540,1998年3月11日

土屋利雄,他,「耐圧容器蓋部の締め付け構造」,平成20年12月19日、特許第4233063号 -->特許公報

関連Web site

http://www.ntt-f.co.jp/fusion/no32/takumi/