dB(デシベル)とは?        dBを使う理由

 

dB (デシベル)と言う単位は、音の大きさや電力または電圧の大きさなどを人間の感覚の増減に近い単位であり、電力又は電圧の対数比をBEL(ベル)と言い、対数で表した電力比または電圧比を意味する。

また、流体や固体中を伝わる弾性波は音波と呼ばれ、大気圧に対する音波の圧力変動を音圧(Sound Pressure SPといい、パスカル(Pa=N/m2)で表す。ある音圧Pと基準音圧P0(大気中の場合:2×10-5Pa)との比の常用対数20倍を音圧レベル(Sound Pressure LevelLp)と言い、デシベル(dB)で表す。

 音響測定の一般的な基準音圧は水中で1 マイクロパスカル(μ Pa)、大気中で20 μ Pa と定められている。6dBの変動は音圧レベルの2 倍または半減を意味し、音圧レベルがPa単位で10 倍増加すると、dB単位では20dB増加を意味する

       (計算サイト)

           SPL;音圧レベル(dB) Sound Pressure Level
     P
1;音圧(Pa(パスカル);N/m2
     P
0;基準音圧(10-6/2

つまり、ある音の音圧レベルというのは、その音の音圧P1が基準音圧P0の何倍かという値(比率)の対数を取って20倍した値である。また、音のエネルギーは音圧の2乗に比例するので、

    

というようにも表わせる。なお,デシベルのベルは電話を発明したあのグラハム・ベルのベルである。デシは、定義のところで、比率の対数を10倍するので、10分の1という意味の”デシ”が付いている。

 

音の強さとデシベル